「相続」による不動産名義変更

不動産名義変更をするときというのは様々な理由がありますが、最も多い理由が「相続」する場合です。

土地や家やマンションなどの不動産は、その所有者が亡くなった場合、不動産の名義人をできるだけ変えることがお勧めです。

次に相続する人へ不動産名義変更する相続による不動産名義変更を相続登記といいます。

相続する人は法定相続分通り、もしくは遺産分割協議、遺言書により決まります。

相続登記で不動産名義変更をする場合の費用は司法書士に依頼するのであればその費用と実費になります。

司法書士に依頼する場合も申請だけを依頼する、全てお任せするなどで費用は変わってきます。

自分で手続もできます。

相続による不動産名義変更は必ずしも義務ではないのですが、放置しておくことでその後の手続が困難になることが予想されますし、費用がかかる場合もありますので、できるだけ早くする様にしましょう。

5月
5

Comments are closed.