「生前贈与」による不動産名義変更

不動産名義変更をする場合、「生前贈与」というケースもあります。

生前贈与とは、その名の通り、不動産の所有者が生きている間に、相続人に所有の不動産を譲ることです。

「生前贈与」の場合、土地や家やマンションなどの不動産の所有者を登記簿上、譲る人に不動産名義変更をします。

不動産は生きている間に贈与を契約しただけでは、譲り受けた人はその権利を第三者に主張をすることができません。

ですから、権利を主張するためにも登記簿上、不動産名義変更が必要になります。

互いの承知の上で贈与は成立しますので、登記は義務ではありませんが、何かしらの時に面倒にならない様に法務局に不動産名義変更を申請することをお勧めします。

生前贈与の場合、不動産名義変更にかかる費用は司法書士に依頼するのであればその費用と実費があります。

その他、贈与税、登録免許税、贈与税、不動産取得税がかかります。

5月
5

Comments are closed.