「財産分与」による不動産名義変更

「財産分与」による不動産名義変更の「財産分与」とはわかりやすくいえば、離婚したときなどがそれに当てはまります。

夫婦であった期間、互いの協力で築いた財産を離婚時に分与することです。

「財産分与」は夫婦間の話合いで決めることができますが、これらの話し合いで決まった事項は必ず書面に残して財産分与契約書とします。

離婚時にご主人の名義であった不動産名義変更を妻にするためには、法務局に登記申請をします。

生前贈与の際と同様に離婚時に契約を交わしただけでは、不動産の権利を主張することができませんので、できるだけ登記上、不動産名義変更をしておきましょう。

ローンが残っている場合は金融機関の承諾が必要です。

不動産取得税は結婚する前に購入したものだと課税されます。

贈与税は結婚中に二人で気づいた財産から考え、それよりも多い場合は掛かります。

5月
5

Comments are closed.