「売買」による不動産名義変更

不動産名義変更をする場合、あとは不動産の「売買」によるという理由があります。

不動産の「売買」とは、不動産の所有者が不動産の所有権を売ることで、買主となるその対象者は元の所有者である売主に不動産の代金を支払います。

この売買の契約があった場合、不動産名義変更が必要になります。

不動産の売買により手に入れた不動産はその売買の契約だけでは、第三者に権利を主張することができません。

法務局で登記上不動産名義変更をした時点でその権利を手に入れることになります。

この「売買」による不動産名義変更も他の理由と同様義務ではありませんが、何かの時に権利を主張できないので、やはり登記上の不動産名義変更はしておくことをお勧めします。

不動産名義変更をする場合の費用は司法書士に依頼するのであればその費用と実費になります。

司法書士に依頼する場合、不動産が仲介で入るか入らないかで依頼費用が変わってきます。

6月
6

Comments are closed.